2009年 03月 03日
bag bag more bag
こないだは「ダブルPandy」で私と同じ名前(ほんとの)の友達とランチをしたのでした。
いまだかつて同じ名前の人とは会ったことがなく、前にyahooで自分の名前を検索したこともあるんだけど(きっとみんなするよね)彼女とは気が合いそうで楽しい時間が過ごせました。
少なからずいい友達をこっちで作っていくのは大変なので嬉しかった。

さて、勢い余ってブレーキが止まらず?この数日で気づけばバッグを4つも買ってしまいました。。。
「これだ!」と思ったものに出会えるのには時間がかかるので見つけたときには買ってしまう。
さすがに4つも買ったので買った後は息が苦しくなった。
高価なブランドの数十万もするものではないけれど、革製品の良質なものだから「こんなに買っていいかな」と責めるも「働いているんだし、良いものを少しずつ揃えていこう」と自分を納得させ、lay byシステムを使ったのでした。これは最初の会計でいくらか払い、後は少しずつ払い戻しをし、全額払ったときに商品と交換してもらえる。このシステムは多くのお店で採用しているので是非聞いてみる価値あり。





b0148391_2095564.jpgこのバッグはメルボルンに本店を持つバッグ&靴屋さんでブリスベンには唯一1店Chermsideに入っているのです。

一風変わった形と中がしっかり袋で閉じられるのと、見た目より容量がものすごく大きい&半額だったのでお買い上げ。

これから長いおつきあいだね。

現在何でも突っ込んで仕事用に使用中。

b0148391_2093429.jpg

b0148391_20205937.jpg秋の新作が30%オフだったのと、仕事&プライベート兼用にと購入。
濃い紫は好きな色。
持ってないけどクリーム色のコートにとても映える。
A4ノートも余裕で入るので仕事にも使えるかな。
黒、白、茶の革バッグはあるものの初めて色つきの革バッグを買った。

b0148391_20211156.jpg

同じお店でこのタイプの濃い紫と茶を購入。
一週間考えて考えて恋焦がれたバッグ(笑)。
いつも持ち歩いている魔法瓶がすっぽり入ったのが決め手。
ヨーロッパを歩くのに似合いそうだよなー、というイメージがなぜか離れない。
ショルダータイプだけど、品のある落ち着いた色が革にしっくりして、カジュアルになりすぎないのが◎
まだ使ってないのだけど、袋から出して触ってみたりするだけで嬉しい。
みんな長いおつきあいになるので大事に使っていこう。
[PR]

by pandysan | 2009-03-03 20:42 | ブリスベンでの日々


<< 舌っちょ      不信感&疑問 >>