2009年 06月 07日
Let's get together
b0148391_22174746.jpgDarlの友人の結婚式に招待されてゴールドコーストまで行ってきた。奥さんがエジプト人でどんな衣装を着るかと思っていたらレースがたくさんついたウェディングドレスだった。詳しくは聞かなかったけれど彼女の身内の参加がなくて彼女側からはブライズメイドが3人。きっとご両親来たかっただろうに。
写真のケーキはこちらで多いタイプのアイシングでデコレーションされたもの。花がついているものとか黒いリボンのアイシングがされているタイプとか日本のウェディングケーキとは違うのです。私はフレッシュクリームがたくさん入った日本式のケーキが好き。


b0148391_22183895.jpgところでこの日は朝から雨。式は2時から。段取りの悪い私はモタモタしていたら既に12時。寝起きのまんま。。。結局パジャマ同様の格好でメイクなしで車に乗り込み滞在先のホテルへ向かう。途中、招待状をよくよく見たら2時半開始だったのは嬉しい知らせ。チェックイン前に部屋に入ることが出来たのでそのままのんびりお風呂に浸かってドレスに着替える。毎回毎回ギリギリの支度はほんとにいけないよね。

文句タラタラのDarlは人のこと言えず、買ったばかりのパンツは丈が長すぎた。。買ったときからすそ上げをするように何度も言ってたのに、と今度は私が文句を言う番。結局受付で安全ピンとホッチキスを借りて仮の仮止め。。

メインの式は身内、親しい友人のみの合計30人前後の小さい式でのびのびしていて楽しかった。レセプションではDJ呼んで6時から開始。入り口付近のテーブルに持ってきたプレゼントを置き、ドリンク片手にしばらくおしゃべり。バッフェ形式の料理を食べたり踊ったりスピーチやケーキカットがあったり、思い思いに楽しんでる様子。日本みたいに余興があったり進行役がいたり仲人の挨拶とかそういったものがなく、とても自然体で私は好き。





ブーケのチューリップ、2本もらったんだけど、1週間もちました。

昨日行った婚約パーティ(21歳だよ)にしてもホールを貸しきって持参の飲み物と出されたおつまみで後はおしゃべり。終わりの方でやっとスピーチがあってケーキカットがあって、それだけ。後は勝手にみんなおしゃべりしてるだけ。時間を気にするとかお客を気にするとかあまりなくて皆好きにしてる感じ。スピーチはジョークが入るんだけど、まだまだ私はジョークがいえない。。

パーティの時間配分もないし、誰も時間を気にしないのは日本と違って交通手段は車に頼っているからだろう。市内なら車で1時間前後でたどり着けてしまうし。

うちは元々親戚など集まることが全くないのでこうして身内がたくさん集まってのパーティは楽しそうで少し羨ましくさえ思う。そして親戚ばかりのパーティでは浮いてしまいがちなので、今回のように知り合いの友人カップルが来てくれてよかった。これは相手側にも感謝されたけど、ほんと自分達カップルでぽつんとしているほどさみしいパーティはない。

甘いスパークリングワインだったから1杯ほど飲んだけど、お酒はドキドキ胸がしてくるしボーッとして喉が渇いてくるのであまり好きじゃないかも。

このカップル来年末には式を挙げるそう。 Happy Lifeをね~♪
[PR]

by pandysan | 2009-06-07 22:15 | ブリスベンでの日々


<< 体の中からのクレンジング      Managing multi ... >>