2010年 08月 23日
maximumは90km - 何たる出費 -
今日は初めてGatewayを自分で運転して帰って来た。

人生2度目の高速運転。

隣にDarlがいたから走れたものの、comfortable限界の80kmを超えたところで緊張度が増して手に少し冷や汗をかいた。

「ちょっとハンドル動かしたらガードルに追突して大事故になるんだろうな」と思うと余計体がこわばって。

後ろから車が「チンタラ走ってるくせに何で右車線にいるんだ」的な接近方が余計落ち着かなくさせて。

乗ってすぐに高速乗ったことを後悔して。

高速を使うと10分くらい短縮できるけど、こんだけ緊張するならしばらくもういいかも。



さて、こないだDarlとお茶をした後、車にキーを回してもスタートしない。

初めてRACQに世話になることに。 20分で来てくれたのには感心。

フラットバッテリー、ということで通常3年寿命のバッテリーが、うちのは5年使用していて寿命だったこと。 交換に$185かかる。 ouch..

そしてバッテリーをチャージするオータネーター(alternator)が実は切れていたので「メカニックのところに近く持って行ってね」と言われる。

結局翌日は同僚に送り迎えしてもらい、次の日の朝にメカニシャンにみてもらう。かかった費用が$415  ええっ!!

車は直ったものの、ラジオ機器がリセットされて、パスワードを入れないとactivateされず、ラジオが作動しない。

パスワードなんて知らないし、前の車のオーナーが置いていった書類の中にも記されていない。

パスワードを試せるのは9回、それ以上するとロックされてしまうので、4回の試みで諦める。

Darlにいろいろ電話してもらう。結局ディーラニーもパスワードなんてわからないからお店に持って行って、ラジオの機械を引っこ抜いてプログラムを入れ組み直してパスワードのリセット設定が必要、と言われる。

それには$50くらいかかるんだとか。。。

エェェッ!!!???

バカげてる、と。。。

もっと簡単にパスワードリセットってできないんでしょうか、と。。

もうここまできたら、更に出費があっても「とりあえず元に戻してくれ」という気持ちが強く、週末の朝いちにお店に持っていく予約をした。

思いがけない大きな出費。 ほんとはこれで日本行きのチケット買おうと思ったのにな。
[PR]

by pandysan | 2010-08-23 20:19 | ブリスベンでの日々


<< 初Teneriffeへ      待機 >>