2011年 01月 11日
ブリスベンにも避難警告
b0148391_12311661.jpg
(ninemsnより写真を拝借)

1974年に起きたブリスベンの洪水、よりもひどいと言われている今回のflood..

Darlと二人今日は仕事を休んで家にいます。洪水の非難を予測して家にいることにしたんです。

b0148391_1351037.jpg

b0148391_1352460.jpg


今、Darlが撮ってきたうちの裏の写真 ↑ 


朝のうちは「大袈裟だったかな」と思ったのもつかの間、ブリスベンシティにも避難警報が出て、うちの近くのStrathpine、ブリスベン川に近いWestendもevacuation alertが出始めました。

職場にいた同僚たちも家へ戻った様子です。

緊急にオーストラリアの首相、ジュリア・ギラードのアナウンスメントが始まり、QLD州首相のアナ・ブライのアナウンスメントもありました。

TVを通して見ている災害、被害が次の瞬間には私たちに降りかかるのだ、と思ったらterrified、恐ろしくなりました。

降り続ける雨の他に、いっぱいになったダムの開放、満ち潮、の影響で私の家のあたりは洪水の可能性が大、です。

現に、近所の人が変わるがわる裏の小川を覗きに行っています。

City Councilからsand bagがもらえるようです。

さっき、Darlから屋根裏からどうやって屋根に上るのかレッスンを受けました。

常に新しい映像がニュースから流れるたびに心配で胃が縮むような、胸がムカムカするような、冷や汗が出る手前のような、不安感と緊張で既に疲れてしまいました。。

ルームパンツは脱げて流されるから、とGパンを履くように彼に指示をされ、家の中で靴も履いて、リュックを傍らに眉間にしわを寄せながらニュースを見ています。


SESのヘルプが必要な方は、↓へ連絡をどうぞ。

State Emergency Service (SES)
Telephone: 1300 369 003
[PR]

by pandysan | 2011-01-11 12:50 | ブリスベンでの日々


<< とりあえず無事です      避難の準備 >>