2011年 04月 11日
3月11日から
3月11日の地震から今日で一ヶ月経ちました。

気付かなかったのですが、糸井さんが今日のダーリンで書かれていて
「もう一ヶ月経つのか」とまた胸がちくりとしました。

先程は福島、茨城で震度6弱の地震があったそうです。

私の実家は東京ですが、家族全員避難リュックを枕元に置いていつでも避難できるように準備しています。
親戚が福島のいわき市にいるのですが、一同県内の少し離れた他の親戚の家に身を寄せています。
都内近くの友人の子供は地震がいつ起きてもいいように服を着たまま寝るようになったんだそうです。

早く静かにこのまま地震がなくなれば、と皆が願っている中に繰り返される地震。
緊迫する様子、悲痛な気持ちが伝わるようでとても苦しくなります。

これからもここからできる事を続けて、早く日本全体が大きな傷から癒される日が来ます様願っています。




Japan Disaster Relief (J-Relief)ブログ
僕は案じる 日本の人々を 僕は感じる 日本への思いを 僕は信じる 日本の底力を 僕は念じる 日本に力を そして、僕は祈る 愛する日本のために。 今、日本のために出来ること、豪州に住む日本人全員で考えていきましょう。

◆来月、5月にチャリティイベントを計画されているそうです。是非HPをこまめにチェックしてくださいね◆
[PR]

by pandysan | 2011-04-11 18:18 | 日本


<< ブリスベンノースのサンデーマーケット      ノースにラーメン屋 オープン >>