2011年 07月 15日
苦いのは苦手
b0148391_20235413.jpg今日のモーニングティはレンジでチンしてバターを塗ったバナナローフのスライスと紅茶。

こう寒いとこってりしたものが食べたくなるものです。

ところで、私はカフェでは必ず「ラテ」を頼みます。

オーダー時に「Could I have Latte, please」と言うと必ず「a Latte?」と聞き返されるので「a」は忘れないようにしないといけないのかもしれません。。

そう言えば、「have a lunch」と言ってしまうクセがあって「have lunch, don't say "a lunch"」とdarlに何度も言われたのを思い出しました。「a」の使い方、いまだに苦手です。

カフェによって当たり外れがあって、にがーいラテに当ってしまうとミルクをエクストラで頼むことがあります。

そこでやっとわかった正しいオーダー方法。(今更です)

それは「half strength/半分の濃さ」でオーダーするということ!!以来、私好みのラテがどこでも飲めるようになったのでした。

「Can I have a half strength latte?」でOKです。

ミルクもfull cream, skim milk, soy milkといろんな種類でオーダーするようにコーヒーも濃さを指定できるんですね。ほっとチョコレートにはマシュマロを入れるか聞かれるように、アイスカフェには生クリームとアイスを入れるか聞かれるように、うーん、選択股豊富です。
[PR]

by pandysan | 2011-07-15 20:23 | 食、お弁当


<< 疲れのあくび止まらず、、      ウィリアム・レーネン >>