2008年 08月 28日
誕生会に招かれて
今日はDarlの友達Gregが身内、仲の良い友達を招いての21歳の誕生日会ということで呼ばれてきました。ちなみにGregは秋~冬にDarlと日本へ行く予定らしいので私もどんな子なのか興味があったのでした。 

30人集まるのにちゃんとしたディナーがserveされるということで、そんな広いテーブルはないだろうから、絶対立食に違いない、と思っていたら何とまぁ広い家&プール付できれいにデコレーションされたテーブルの数は4つ、ちゃんと30人が席につけたのでした。それでも余裕のダイニングルーム、どれほど広いんだ!ってほど。

各テーブルには赤のテーブルクロス、黒&赤の2枚の紙ナプキンはきれいに折られ、おつまみとオリーヴ、花束に見立てたチョコレートのブーケのようなデコレーションはパーティを扱うお店で頼んだ様子。

まずは到着したらホストのGregママから飲み物を頂く。同年代の友達、家族、職場の人、のグループで私達夫婦はどこにも属さないので誕生日本人に案内され適当に周りの人と挨拶を交わし立ち話を。

ディナーはぞろぞろ台所で列を作り、バッフェ形式。
ローストビーフ、カリカリになったローストポークの外側、アップルソース、グレイビーソース、スティームトべジ、(steamed vege/温野菜)、ベイクドポテト、サワークリーム。おいしかったなぁ。

料理の後に各テーブルに配られたクイズのメモと鉛筆。
6つの質問は以下の通り。どれだけバースデーボーイ、Gregのことを知ってるか、というもの。

1. Gregが今までに働いた仕事はいくつか
2. 愛車の名前は?
3. 車のナンバープレートは?
4. きょうだいは何人?
5. 愛猫の名前は?
6. 最近習得したものは?

これをね、身内のテーブル、仕事先のボスのテーブルとかグループでわいわい言いながらメモに書き込んでいるのをみて微笑ましいなぁ、と。
21歳っていったら、大学生、専門学生か働いているかくらいの年でしょう。
日本で例えば実家で学校の友達やら親戚やら仕事先のボスや同僚を全部交えて、同じ質問をワイワイ楽しんでできるか、って言ったら、どうなんだろう。。

これをね、みんな楽しそうにああだこうだ話し合ったり、回答の時間はGregのパパが得意がって答えたり、Greg本人が間違えたりほのぼのさがとても良かった。

車のナンバーを覚えている人ってまずいないでしょう、と思ったら意外に全部のグループが正解でこれは不思議だった。プレートってみてるもんなのかなぁ。

4.の兄弟の質問は本当は姉が一人なのに、パパが立ち上がって「シスターが他に2人いるぞ」と得意がって棚の上に飾ってあったアフリカンの女の子の額を手に取った。
サポーターで足長おじさんをしているんですって。これはひっかけね。

そして正解する毎にGregのママが景品のチョコレートとかフルーツのリップクリームをテーブルに投げてよこす。

その後は電気を消して大きなケーキが運ばれ、ろうそくを消したら家族の写真を親戚の人がとったり。

そしてスピーチがありました。

パパ、ママ、Gregが3人並んで一人ずつスピーチ。
「来てくれてありがとう」に始まり、料理を作ってくれた人、写真を取ってくれている人、準備を手伝ってくれた人にお礼を言ってパパは「彼はほんとにいい息子なんだよ」とGregに肩を回したり、Gregは「Mum, Dad thank you for making me」という表現で笑いを取ったり。

でもね、全員がそれぞれ皆にお礼を述べて、息子のことを褒めてGregも両親に感謝して、そんなことを当たり前のようにThank youと言える関係にいいなぁ、と思いました。
おじいちゃんおばあちゃんも健全だし近くに住んでいるみたいだし、Gregはとても愛されているんだなぁ、とか思ったり。

大きな21歳の誕生日という日を彼に関わる大事な人をみな招いて祝ってシェアするというのはとても素敵なことだなぁ、と思いました。

更に当の本人を良く知るいい機会でもあるし。

こういうクイズ、家族だけの誕生日、クリスマスでやったり親戚一同集まるお正月でやっても楽しそう。
[PR]

by pandysan | 2008-08-28 21:17 | ブリスベンでの日々


<< 猫の抜け毛      食べること 生きること >>