2008年 10月 22日
久々の再会
アデレード留学時代の友達が日本から来てブリスベンへ立ち寄るということで、月曜日に久々に会ったのでした。

日本に戻ってからは連絡を全くしていなかったこと、当時に比べて5kgは確実に増えたこともあって会う前は少しためらっていたのだけど、ブリスベンの駅前で交差点越しに見つけた彼女を見てそんな戸惑いは一気に飛んで久々の再会にHugをした。

気づけば私はお互いの空間の時間を埋めようと、この数年間で彼女がどんな過程を過ごし、今はどんな事に興味があるのかたくさん質問をしていたのでした。

彼女は当時高校を卒業してすぐにアデレードでDiplomaコースへ進んだので、当時の私はその大胆さに感嘆し、彼女の控えめで謙虚な姿勢からどうしてこうも大胆な選択ができたものかと感心していたのでした。

あれから5年は確実に経ち、相変わらず謙虚でまっすぐな彼女に嬉しくなった。留学をして海外旅行をして日本で働いて、それでもまだ25歳という若さであることに驚いたのでした。

私が25歳の頃は短大を卒業して1度目の転職をし、この先の不安を感じだしていてそれがどこから来てどこへ向かうものなのか見つけ出す最中だった気がする。

今、もしまだ私が独身だったらもう少し海外を見てまわりたかったな。
南の島、スイス、アイスランドetc全く違う異なる文化を見てまわりホームスティをして現地の生活に触れてまわりたかったな。それは独身だから、一人だから感じること、求めることが今とは全く異なるもの。

海外に出ると「常識」の認識の違い、「こうあるもの」と認識されていることが日本だけで通じるものだとわかったり、いかに日々の生活が小さな箱の中のものかがわかったりする。

話は戻って今は彼女は空港での接客業を楽しんでいる。

「この仕事が好き」と実感をしながら働くのはいいことだ。

私は今転職をするべきか残るべきか考えている最中なので、今回の彼女との出会いはとてもいい刺激になった。

彼女のこれからに幸ありますように。私も彼女にいい報告ができますように。

b0148391_17232377.jpg




b0148391_159931.jpg「何か本を買ってきますからリクエストしてくださいね」との言葉に甘えて天然生活の雑誌をリクエスト。2冊もいただいちゃいました。嬉しい!


b0148391_159427.jpg東京ばな奈

見たことはあったけど初めて食べた。ばななクリームが中に入っています。フワフワ甘さ控えのこういうスポンジはブリスベンでは味わえないので感動。
[PR]

by pandysan | 2008-10-22 17:49 | ブリスベンでの日々


<< 着々とこなして      雨の週末 >>