カテゴリ:英語/ビジネス( 5 )

2009年 07月 19日
Culturally Competent Customer Service 2
このワークショップに参加してからだいぶ時間が経ってしまいました。。
前回に続いて今回はホームシックについてのお話。

国内、海外で知らない人に会ったり居心地の悪さを感じたり怖さを感じたり。

この不安、不快は結果として以下の気持ちを持つようになります。

自分や相手にに対して恥ずかしさやからかわれる気持ちになったり
相手を憤慨させたり自分に対して憤慨したり
間違った情報を与えたり受けたり
悪い印象を与えたりもらったり
困惑したりされたり

これらの感情は「ストレス」の原因になり、日常の中で常に感じるこの「ストレス」はカルチャーショックへともなります。

講師が「英語を母国語としない人々は常に日常レベルでこの種のストレスを抱えています」と言ったときに「そう、そう、そうなのよ」と強くうなずいてしまった。

私の経験を例にすると、ネイティブに対して完璧でない英語を話すことに引け目を感じます。
彼らと同レベルでないといけない、という気持ちがいつもどこかにあります。
彼らが話すのは私がスラスラ日本語を話すようなもので、スラスラ英語が出てこないもどかしさ、悔しさ、というのもいつもどこかにあります。
ネイティブからすると「2ヶ国語を話せるだけで大したものなのに、どうして恥ずかしがるの?どうして落ち込むの?」と言われます。

More
[PR]

by pandysan | 2009-07-19 19:01 | 英語/ビジネス
2009年 06月 28日
Culturally Competent Customer Service 1
先週、職場でCulturally Competent Customer Serviceというワークショップに参加した。

とても興味深いものだったのでテキストをもとにここに記していこうと思います。

英語を母国語としないもの、他の国で生まれオーストラリアへ移住した者として「そうそう、そうなんです」と共感することがたくさんあった。同時に逆の立場で英語を母国語とし、オーストラリアに住居を持つ人たちが違う文化を持つ人たちを理解しようと学ぶこのセッション/勉強会は興味深かった。

講師も言っていたように意識を持つ人がワークショップへ参加し更に意識を高めようとする傾向があるので、興味ない人は参加はしないだろう。

これだけ異文化が混ざり合っているオーストラリア、サービス業に就いている人は一度でもこういうセッションに参加するべきだと思った。

More
[PR]

by pandysan | 2009-06-28 19:18 | 英語/ビジネス
2009年 05月 30日
Managing multi tasks & deadlines No.2
【締め切り-deadline-のある仕事があったらまずすること】

1. 現実的な締切日の設定をする
2. 周りにも締切日を伝える
3. とにかく締め切りに向けてタスクに取り掛かる

「これは達成できないなぁ、、」と思ったら3つのタスクに振り分けてそれぞれに締め切りの日付をつけてみる

More
[PR]

by pandysan | 2009-05-30 09:22 | 英語/ビジネス
2009年 05月 30日
Managing multi tasks & deadlines No.1
今日は一日研修会/勉強会でタイムマネジメント、マルチタスク、締め切りのマネジメント法について学んできました。

自分へのまとめも含めていくつかためになることを何回かに分けて記していこうと思います。

こう書き出してみるとニュアンスで理解している英語を日本語に当てはめて意味がつながる文章にするのはとても難しい。これは読解力がないことを意味するのかな?日本語で文章にして伝える力が劣っているのかな。。


感心することに、「仕事がデキる人」というのは時間配分、仕事の優先順位の立て方、締め切りの交渉などが上手です。前の上司、今の上司を例えても当てはまります。その分8時始業を7時に来たり、少し残業をしたり、もしているけれど仕事が片付いたら1週間の休暇を取ったり、金曜は午後でササッと帰ったり。
オンとオフの切り替えも上手。
最悪だった前上司は職に就いた途端、キレまくりで「あたしは5時までなんて残業しないわよっ」と大きな声で周りに忠告したり、部下へのサポートに非協力的でいかに彼女が忙しいかアピールされたり。

私にしてみたら、上司はその分給与も与えられているわけである程度の残業は当たり前だと思うし、覚悟をしているものだと思う。部下をサポートするのは大事な仕事の一部だと思うのでキーキー喚く彼女に対し「ばっかみたい」と思っていたので、他の人に変わってほんとに良かった。結局彼女にはhandlingしきれなくなって部署自体が仕事の山で機能しなくなり、助っ人で飛んできたデキる上司に代わったのでした。内面で実は見下していた私に対して前の上司もきっと生意気だと思ったのかもしれない。

マルチタスクのこなし方、面接でも聞かれるけれど「マルチタスクがあったらあなたはどう対処しますか?」という質問。どう優先順位をつけてどう処理をしていくか、そしてどうしてその優先順位なのか?
これであなたという人間が仕事を順序立てでこなせる人間なのかどうか、見極めるポイントなのかもしれない。

More
[PR]

by pandysan | 2009-05-30 00:00 | 英語/ビジネス
2008年 08月 14日
ニュースで聞く英語
ニュースで耳にする英語を集めて


首相: prime minister

運輸・地域サービス省: Transport and Regional Services

財務省: Depert of the Treasury

国防省: Defence

外務・貿易省: Foreign Affairs and Trafe

産業・観光・資源: Industry, Tourism and Resources

司法: Attorney

移民・多文化・先住民族: Australian Immigration Department
[PR]

by pandysan | 2008-08-14 12:28 | 英語/ビジネス