<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2008年 11月 24日
石川直樹の世界
b0148391_17454447.jpg


黒豆の甘煮が食べたいなぁ、と少し前から思っていて週末Mrs Flannery'sで見つけたBlack Beanで甘煮を作った。

たっぷりの水に浸して一晩寝かせ、翌日煮たのだけど煮すぎて豆が破裂してしまった。日本の黒豆より小ぶりだし、中火で1時間で十分に煮終えたのかもしれない。次回の教訓として。

少し甘すぎたけど黒豆はおいしい。

VEGE BOOKに出ていたキヌア↓、同量の水で煮たり炊いたりして食べるらしい。アンデス地方の穀物でミネラルやたんぱく質が豊富みたい。さぁ、どう料理しようかな。

b0148391_17545744.jpg



到着を楽しみにしていた本たちが届き、欲張りな私は2冊(以下参照)の本を同時読みしています。
先が気になって気になってしょうがなく、寝る前の読書は眠気を誘い、飛ばし読みをしながら一応読み終えた。
この著者、石川直樹さんは実は私よりも年下!彼自身の言葉で書かれた本たちはとても共感するところがあって、これらの本は私にとってとても大事なものになりつつあります。彼の本は揃えていきたいな。

2000年から1年かけてPole to Poleプロジェクトに参加し、北極から南極まで選び抜かれたメイト達と渡り歩いたのでした。↓の本はそのときの様子が記されています。

b0148391_1841785.jpg
この地球を受け継ぐ者へ―人力地球縦断プロジェクト「P2P」の全記録
石川 直樹 (著)

これから2度、3度とノートを取りながら私も地図を描きながら彼の渡ったルートを再確認し、読み直していく予定。知らない地名が多いけれど、こうすることで私も一緒に旅している気になれる。

彼のすごいところは、至って普通の青年が対面する全ての出来事をそのまま受け止めているところ。もちろん葛藤はあるだろうけれど、その場所その場所の価値観に溶け込もうとしている姿勢が伺え、自然と同化している。読みながらスケールの大きさに感動し、人間そんな状況下に置かれても生きていけるのかと思った。彼のそのままの言葉で語られたこの本は読みやすく、その土地の様子などもわかりやすく細かく書かれている。

「豊かさ」とはいったい何か。
コンビニの弁当を食べ、
エアコンの効いた明るい部屋で
テレビを見ながら、昼とも夜とも
つかない生活をすることは豊かなのか。
汚れた服を着て裸足で
かけずり回っている子どもたちは
「貧しい」のか。日本は豊かか。
(中略)先進国は本当に「先」に「進んで」いるのか。
発展途上国の「発展途上」
という言葉は何を意味するのか。
- 本文「この地球を受け継ぐ者へ―人力地球縦断プロジェクト「P2P」の全記録」抜粋 -


b0148391_1818764.jpg
いま生きているという冒険 (よりみちパン!セ)
石川 直樹 (著)

この本は字も大きく、旅の写真も多く彼が実際に旅した様子が優しく書かれている。高校生で既にインド一人旅、後にミクロネシアへ星の航海術を学びに行ったり、熱気球で太平洋横断中には予想外の燃料不足&漂流寸前になったりetc

そんな思いをしても彼の冒険は続いています。読んでいてドキドキ心配したり船酔いした彼には「あぁ、私はベッドの中で傍観者でよかった」と安堵したり。

アラスカにある標高6194mもあるデナリでかかった高山病はどんな感じなんだろう。その爽快感とかどんなものか。そこから見える景色はどうなんだろう。シロクマに対面したときの恐怖感とはどんな感じか。垢だらけの体が異臭から土臭さになるその臭いとはどんなものか?

食事とベッドが約束された今の生活に慣れ、キャンプ生活も楽しめるのだろうか?とクエスチョンマークがついてしまう私にはきっと彼のように旅することは無理なのかもしれない。だけど、やっぱりその土地その場所でflexibleに対応し、たくさんの「世界」を見つけていく彼はうらやましい。

「旅をすることで世界を経験し、想像力の強度を高め、自分自身を未来へと常に投げ出しながら、ようやく近づいてきた新しい世界をぼくはなんとか受け入れていきたいと思っていました。そうすれば、さまざまな境界線をすり抜けて、世界のなかにいるたった一人の「ぼく」として生きてける気がするからです」 
- 本文「いま生きているという冒険」抜粋 -

[PR]

by pandysan | 2008-11-24 19:00 | 食、お弁当
2008年 11月 23日
そしてストーム
風邪をひいた。

ブリスベンは日によって蒸し暑かったり肌寒かったりするので予測不可能です。

土曜日はじとじと暑く、アロマキャンドルをたいてベッドの上でイチゴを撫でていたらそのまま寝ていたらしく、布団を半分めくって足元側に頭を乗せて寝ていたのをDarlが不思議に思って起こしにきた。キャンドルつけっぱなしは危険でした。反省。

日曜日は少し肌寒く土曜の夜の寝冷えが原因で一日熱っぽく、鼻をかみすぎて鼻がガビガビ、痛いです。

こないだの木曜の豪雨、あれよあれよという間にものすごい大雨が降り、外は真っ白で見えなくなったかと思えばひょうが降ってきた。興味心からカーテンを開ければ窓を突き破ってくるのではないかと思われるほどの音の大きさにびっくりし、カーテンを慌てて閉める。ひょうは屋根も壊すから。

稲妻が光だし、何本もの雷が確実にどこかに落ちてくる。カーテン越しに見ていたら私に直接落ちてくるんじゃないかと思うほどの迫力。ほんとに空が怒っている、と思うほど。

帰途に向かっているDarlに電話をしようと思ったらここで停電。。。
慌てて二階から懐中電灯を持ち出し、キャンドルも灯す。

空は相変わらずチカチカ白黒交互に光っているものだから何が起こっているのかわからず目もおかしくなってくる。

どうしよう。

初めてストームが怖いと思った瞬間。

10分後、Darl無事に帰宅。ホッ

懐中電灯を持ちながらウロウロする私にDarlが「懐中電灯はライトを真上に向けて置くんだよ」と。言われるままにテーブルの上にそのまま置いたらまるでライトが戻ったような明るさ。なるほど。

外に出ると空の半分は晴れていて星が見える。後の半分は真っ暗な空にまだ雷が光っている。

夕飯も作れないので外に食べに行く。うちの通り側半分だけがブラックアウトしていて、交差点のライトもない。帰ってくるときにはおまわりさんが代行で交通整理をしていた。

ブラックアウトから2時間後、ちょうどディナーから帰ってきたら電気がついた。ほっとしたと同時にいかに私達が電気のある生活に頼っているのかと考えた。

今も被害後の処理に皆が追われ、ニュースで流れる映像に災害のダメージの大きさに思い知らされる。早く皆が元の生活に戻れますように。
[PR]

by pandysan | 2008-11-23 17:20 | ブリスベンでの日々
2008年 11月 17日
おかえり
b0148391_15282767.jpg


3週間ちょっとの日本の旅からDarlが今朝帰ってきた。

不思議なもので彼がいないのに慣れると、一人で元々暮らしていたような錯覚になり、ほとんど彼のことを思い出さなかった。

「ここに帰ってくる」ということがわかっているからかな。

日本への里帰りは楽しいものだけど「帰ってこないといけない」のがわかっているから、行くことを決めたときから悲しくなる。 だから帰りたくない、という気持ちになる。

日本からお菓子を送ってもらうのも楽しいけど、「食べたらなくなっちゃうしな」と思うと「じゃあいいや」と思ってしまう。

日本のものでどうしても手元に置いておきたいのは、たけのこの里、コンソメブイヨン、ブルドッグソース、今はバームクーヘンがとても食べたいので母にリクエスト中。(ほんとはメロンパンもクリームパンも食べたい。。)

今日は早引きしてDarlに迎えに来てもらって久々の再会。

お互い「何か変な感じだね」って。ぎこちなさが。

家に帰って買ってきたものを一通り披露してもらって写真を見せてもらう。
親からのビデオレターも一緒に。

「昨日まで日本にいたのに。変な感じ。」とDarlは違和感があるみたい。
旅行から帰るとそういう錯覚になるよね。

彼は日本が大好きで今回の滞在で更に日本で暮らしたい気持ちが高まったみたい。

いつか暮らすことになるかな。

More
[PR]

by pandysan | 2008-11-17 15:47 | 日本
2008年 11月 16日
本当の自分と外にいる自分の差が大きければ大きいほど、自分のホーム(自分の家だったり家族といる時だったり)に戻ったときにとても疲れる。

これは本来の自分に戻るリセットをしているからだろうか?

最近、何度か夢の中で見知らぬ人や同僚にビシリと言いつけてスッキリした夢をみる。言いたい事を言い切ったり怒鳴ったり。「あぁ、ついに言ってやった」という気持ち。

実際は「そこまで言っていいのかな」とか言えなくて歯軋りしたい気持ちになったり。

英語のうまい言い回しがわからないために相手にきつく受け取られてしまったり、という失敗もしている。これは対 先生とのやりとり。

「Pandyはgood personだから時には先生にきつく言わないと」みたいなことを上司に言われたこともあって、常に先生とのやりとりでは集中して、対等であるように、それがほんとに私の仕事なのか見極めたり、優先順位をつけたり、と自分を強くしよう/みせよう/変えようとしているので、ホームに戻るとその緊張からとかれる感じ。

内心動揺していても相手の目をきちんとみて、いつも以上にゆっくりわかりやすく話すことで自分に自信がつき、相手も認めてくれているような感じを受けるようになった。ゆっくり話すことで自分自身が深い深呼吸をしている感じ。先週も生徒が受付に来て不満&怒り気味だったのが最後は「ありがとう」と言ってくれた。

彼らが去ってフゥと軽い深呼吸。そして自分に誇りが持てた。

ホームに戻ると自分がユルユルとけていく。外と表の私。

感じていることはたくさんあるのに、自分の内で起こっている感情を文章にのせるのは難しい、とこうしてブログを始めてから特に思う。

「おいしい」ものはおいしい。「めちゃめちゃ嬉しい」ものはとっても嬉しいのだけどそれをどう表現していいのかわからない。表情が見せれない分、言葉で相手に的確なイメージを連想してもらうお手伝いというのは難しい。

私のノート、1995年の就職誌からの抜粋に「自分の意見をもつことの早道は、まず世の中に起こっている物事を幅広く吸収すること。 --(省略) そういった知識の背景があって、初めて「自分自身の言葉で語れる意見」がもてるのだ」と書かれている。

わかっていることと知ることは別で、最近特にこの記事に書かれている事を意識させられる。もっと周りの事を知るためにamazonで頼んだ本たちが来る。それをもとに勉強していこうとファイルも買った。

冷静、動じない、自分の選択に自信を持って、そんな人になっていきたい。
[PR]

by pandysan | 2008-11-16 07:56 | 私のこと
2008年 11月 15日
芋の存在
米から芋に移行した食生活

日本人として、いつもおいしいお米をおいしく炊けた状態で食べていた。
白いご飯がとてもおいしいものだから、実家では毎晩2杯はご飯を食べていた。

留学時代はレンジで炊けるプラスチックコンテナで炊いたり、鍋で炊いたりお米から離れた生活もそんな苦ではなかった気がする。

ブリスベンに来た当初、とりあえずいつか良いものを買うためにまずは手頃な$60くらいの炊飯器を買った。オントオフのカチッと押すボタンは1つしかない。炊き上がったら節電に炊飯器の電気を切り、蒸すために15分置いておく。

4年も使っているけれど壊れることなく炊き続けてくれるこの炊飯器に今は愛着さえ感じる。

今度うちの炊飯器の写真を載せることにして、きっと日本のみんなは驚くに違いない。ほんとにボタンが1つしかないんだから。

日本にいた時は肉には必ずご飯、だった。レストランでも。
時に気分でパンを注文することもあった。

むかーし、アメリカ人の友人数人でレストランに行ったら彼らはステーキ単品とフライドポテトを頼んだ。その時はフライドポテトの存在はスナック的なものであり、ハンバーガーと一緒のときだけ頼むものだったから、「何で肉にポテトなんだろう?」と不思議でしょうがなかった。

それが今。
オーストラリア、肉の付け合せにはポテトです。(もしくはサラダ)ポテトにもいろいろあって、マッシュポテト、チップス(フライドポテト)、ベイクドポテト with サワークリーム、ローストポテトあたりかな。
今ではうちもメインの付け合せにマッシュポテトかローストポテトになりました。昔は絶対白いご飯がお肉には恋しくなったのに。

逆に和食の時はやっぱり白米です。キムチとか納豆とか、ね。

でもね、日本に戻ったらやっぱり白米の魅力には勝てないと思う。

最近の発見は、ポークにはアップルソースが美味いということ。同僚の真似で赤ちゃん用のリンゴのペーストの瓶を使いました。
塩コショウしたポークを両面しっかり焦げ目がつくまで焼いたて、ニンニクのスライスを加え、赤ワインとマッシュルームを少々入れて少し蒸し状態にするとおいしい。ちょっとしたソースにもなります。肉の上にアップルソースをたっぷりつけて食べるとこれまた美味い。
[PR]

by pandysan | 2008-11-15 18:03 | つぶやき
2008年 11月 12日
レーザーはどうなの
<レーザー治療のレポート>

昔、雑誌でよしもとばななさんが目のレーザー治療をしたハナシが載っていた。

確か韓国でしてきた、と。

日本からも出張のついでにする人がいるんだ、とか書かれていた。

なので韓国はポピュラーなのね、と思っていたらその数年後に韓国人の友達が二人里帰りついでにレーザー治療をしてきた。

「太陽が眩しくなったけど、あれはお勧めね」と言われてから、私もすぐ韓国まで飛んで治療をしたいととても強く思ったもの。

それから何年か経ち、学校の先生がブリスベンで治療をしてやっぱりみんなにとても薦めるもんだから、まずは予約をして治療に適した目なのかどうか診てもらうことから始めようと決めたのです。

仕事を午後から行くことにして、今日は朝から検査に行ってきました。

受付の子が「駅から20分くらいかな」と言うので余裕をみて1時間前にCentral Stationに着き、地図を頼りに行ってみたら何のことはない、駅から8分しかかからなかった。
暇になったのでそのあたりを歩いてみたら実はNOVOTEL Hotelの裏あたりでした。

朝も早かったので近くのカフェでラテを頼み、テーブルにあった今日の新聞のオバマ氏(おめでとう!)とブッシュ大統領のホワイトハウス tourの記事をを読みながら店内にいる人のチェックをする。

仕事前にtake awayで持ち去る人やスーツ姿で外でコーヒーを飲む男性2人(同僚かな)、ホテルから流れてきたと思われる淡い柄のワンピースを着た老夫婦と若い青年が隣に座る。同じくスーツ姿の女性も一人離れてテーブルで新聞を読んでいる。朝早く家を出てここでこの時間を過ごすのは習慣なのかリラックスタイムなのか。こういう裏通りの人の少ないカフェは落ち着く。

ラテは苦め。ガラスのカップは熱くてつかめない。普通ナプキンが巻いてあったりするのだけど。砂糖は1種類しかない。大抵代用シュガー、ローシュガー、白砂糖とセットで置いてあるのだけど。店員の態度もいまいちだったので、ここはお勧めできないな。

More
[PR]

by pandysan | 2008-11-12 19:58 | ブリスベンでの日々
2008年 11月 04日
鮮度を保つオーガニックバッグ
sonkyさんのブログで紹介されていたPEAKfresh、私も惹かれて買いました。

BFA認定されているこのオーガニックバッグ、野菜&フルーツを新鮮なまま長期保存できる
ビニール袋なのです。

せっかくおいしくて採りたての野菜を買っても、もったいなくて少しずつ消費していたら最後は
柔らかくなってしまったり、カビが生えて捨てることになってしまう、、ということが多い。

こんなんだったら最初に食べておけば良かった、と思うものもお気に入りの野菜が届くたびに
やっぱりもったいなくて後に残してしまいがちで同じ過ちを繰り返す私。。

このギャラリーの比較写真を見てもわかる通り、このバッグは鮮度を保ちビタミンC値をキープし、
通気性あり&収穫後の野菜からでるエチレンガスも取り除いてくれるとのこと。

このエチレンというのは、かすかに甘い臭いを発する無色の気体であり植物ホルモンの一つとして
成長を抑えたり促す作用もあるのです。

例えばエチレンによってジャガイモは発芽を抑え、パイナップル、バナナは成長が促進される。
なので、このビニール袋がエチレンガスを除くことで野菜が傷むのを後らすのはmeke sense。

ブリスベンではどこで買えるかわからないので、ネットで購入しました。

PEAKfresh ® Organic Produce Bags
10袋入/$4.50 
送料(スタンダード)$4.20
再利用可。 Minumumオーダーは4つからです。
[PR]

by pandysan | 2008-11-04 09:26 | 食、お弁当
2008年 11月 03日
さつまいも
日本にいたときは秋にさつまいもをふかしてバターを溶かして食べるのが好きだった。

オーストラリアのSweet Potatoは中がオレンジ色でグリルなどで使われていて、
甘さがさほどない、と思う。

こないだ出かけたRedcliffeのマーケットで姿形日本のさつまいもそっくりのものを
見つけた。

前に同じようなものを買ったら味が違かったので、今回は警戒して2つ買った。

早速蒸し器で蒸かす。

ほっくり蒸したところで2つに割ったらきれいな栗色!

「これは!」と思いバターを塗りこみ溶けかけたところを一口食べる。

何と日本のさつまいもじゃあないか!

一人興奮しておいしさに酔いしれる。

翌日残りのさつまいもをモーニングティ用に職場に持っていったら「それ何?腐ったバナナって
そんな色になるよね、、」と言われ、周りにも不振がられる。。。

蒸かし過ぎ&一晩経って紫色がどす黒い色に変わってしまったから。

一口同僚にあげたらとても喜んでくれて、他の同僚も買う気になったみたい。

さて、近くのスーパーでも紫色した日本のさつまいもがあった気がするけれど、同じ味かな。

またRedcliffeに出かけて大量に買い込まなくっちゃ。

そして野口真紀さんのレシピよりスィートポテトも作ってみたい。

玄米も混ぜてさつまいもご飯もおいしそう。
[PR]

by pandysan | 2008-11-03 18:31 | ブリスベンでの日々