<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2009年 01月 28日
小さな旅行 Part5
b0148391_18325336.jpg

はーい、旅行3日目。6時過ぎ。カーテンを開けたら変わらずどんよりな天気だった。ガッカリ
前日は10時間くらい寝たので早朝パッチリ目覚める。
Darlはチェックアウトぎりぎりまで寝ている気配。
せっかくだから、とべランダに出ると重たい湿度が体にずしり、
蒸し暑さもズンと体に重くかかる。
湿度のないさっぱりクーラーの効いた室内に戻っては爽快さを楽しみ、
また外に出て、の繰り返しをする。

後でカメラを覗いたらベッドいっぱい体を斜めにして寝ている私が写っていた。
欲張りだから、広いベッドが好きだから知らず知らず体が斜めにベッドを
陣取ってしまう傾向があるようです。


それにしても旅行の前日までいい天気だったのに。
一人狭い室内でヨガを行い、コーヒーを飲みながらソファにぽつん。
ホリデー気分がなくなるからTVだけはつけたくない。
もう少し部屋が広かったらホリデーっぽいのに、と隣の新しいアパートを少し羨ましく思ったり。
ここはGolden Beach目の前のホリデーアパートメント。


b0148391_18595866.jpg
一人テラスで朝ごはん。
しめて$2.00くらい?
旅行当日にこの日の朝ごはんのために果物やスープを買い込んだ。
このチョコクロワッサンは一つずつ袋に入っていて、それだけで日本の菓子パンのようでとても嬉しい。
大好きな菓子パンの一つがこれなので、この朝ごはんのために楽しみにとっておいたのだ。


More
[PR]

by pandysan | 2009-01-28 19:44 | サンシャインコースト
2009年 01月 26日
小さな旅行 Part4
今日はオーストラリアデーで祝日。国旗を掲げる家もちらほら見かけます。
Story Bridge Hotelでは恒例のゴキブリレースが行われているんだとか。
飛ばないゴキブリらしく、いっちょ前に背中に番号をつけてレースをするそうな。
Miss Cocky(コッコローチcockroachの略/オージー、何でも省略するから)コンテストもあり。
(2007年Winnerは確かに可愛い!)
興味のある方はこちらから過去のレースの様子がみれますよ。


2泊3日のサンシャインコースト、2日目です。

b0148391_818144.jpg

Lake Baroonを後にしてMontvilleへ向かいます。
Montvilleはサンシャインコーストの内陸部でブリスベン市内から車で90分ほど
北上したところに位置します。
人口が350人ほどの小さな街でギャラリーや小さなお店がMain Streetに
並んでいるのでのんびり見て回るには楽しいところ。

写真はお店が並ぶMain St.(あまりわかりづらいですが)
観光客をターゲットにしたお店が多く、特に惹かれたものがなかったのと
朝方3時までDVDを見ていたのが悪かった。(この頃から少し具合が悪くなる)
「もういいや」と通りを素通りしてMalenyへ移動。


気づいたこと。
それは緑の色が濃く深いこと。NZの田園風景を思い出した。
ブリスベンで乾ききった草木に見慣れていたので潤った周りの景色にうっとり。


More
[PR]

by pandysan | 2009-01-26 13:34 | サンシャインコースト
2009年 01月 25日
小さな旅行 Part3
b0148391_20355235.jpg

滞在2日目、朝食席にて。新聞も置かれていました。


b0148391_20454310.jpg

まずは出来立てクロワッサンから。フワッフワでそのままで十分おいしい。奥はフルーツサラダ。


b0148391_20471587.jpg

Darlが頼んだエッグベネディクト。
彼はこれが大好きでランチに出かけると必ずと言っていいほどサーモンベネディクトを注文。

b0148391_20551568.jpg

私の頼んだスクランブルエッグ。大好きなスモークサーモンも。


More
[PR]

by pandysan | 2009-01-25 23:13 | サンシャインコースト
2009年 01月 22日
救急車に運ばれて
私には義理のひいおばさんがいます。
義理のお母さんのお母さんの姉妹にあたり、昨年の後半から義理の両親と同居をしています。
オゥンスイートなので、バスルーム、流し台や冷蔵庫もあるので普段は部屋でのんびりしたり時には庭に出て植物を眺めたりしています。

先月の27日は彼女の誕生日で、義理ママとDarlを交えてFish&ChipsのランチをShorncliffeの岸沿いで食べたのでした。

この日も相変わらず暑かったもののビーチから注がれる風は涼しく、気持ちのいい静かなランチを楽しんだ。

2時間弱のランチを終えて「さぁ、帰ろう」と片づけをして駐車場に着いたところでひいおばさんが「Can you help me?」と繰り返している。

その時義理ママは車の鍵を探しているところでひいおばさんはドアの横に立っていて「段差はないわよ」と義理ママが言っていて私は荷物をトランクに積んでいた。

何度か「Can you help me?」というものだから彼女の様子がおかしいことに気づいたDarlが彼女の背後から周ったところで、目がうつろになり体がふにゃりと前傾しDarlに体を預ける形になって動かなくなった。

そのときの私の反応は「あれ?吐くのかな?酔ったのかな?」と思ったのだけど、彼女の顔色が悪くなり反応がないので「あれ、おかしい」とその異変に私もドキドキしだした。

ズルズルと彼女を駐車場にそのまま足を投げ出し座らせた状態で、体の上半身はDarlに預けたままで彼女がうわ言を言い出した。

More
[PR]

by pandysan | 2009-01-22 19:03 | 健康、美容
2009年 01月 21日
小さな旅行 Part2
実際のプチ旅行からだいぶ間があいてしまったので、急ぎ足で記事をアップします。

b0148391_16593485.jpg

B&B前の坂を下って20~30分、Obi Obi creekに到着。
 
左をみて


b0148391_16595238.jpg

右をみて


b0148391_1775416.jpg

ベンジーが水を飲んで


creekも小さいし、することもなく、日が暮れる前にあの急な坂を登らなければ、との思いから
滞在時間5分のcreekを後にし、後来た道を戻る


ラウンジにて室内をぐるりと見学していたら、オーナーが話しかけてきた。
本当は食事の場所も事前に調べておきたかったのだけど、時間がなくどうしようかと思っていたので、
お勧めどころのレストランを予約してもらった。


食事は期待していなくて食べたら部屋に戻ってゆっくりしようと思っていたのが本音。
そしたら何ておいしいこと!
二人ともステーキを頼んだのだけど、とっても新鮮でサイドに頼んだサラダさえ摘みたてのよう。
そしてその日は生の演奏を行っていたので7時半に着いて10時過ぎまで楽しんでいたのでした。

b0148391_17481416.jpg

見て、このボリューム!

たまたまミュージシャンの方とその前におしゃべりしていて「結婚記念日とPandyの誕生日も
兼ねての食事なんです」と話していたら、演奏中に「こちらは結婚記念日で来ているカップルです」と
紹介されてみなに拍手もちょうだいしました。嬉しいなぁ。


More
[PR]

by pandysan | 2009-01-21 18:30 | サンシャインコースト
2009年 01月 13日
小さな旅行 Part1
b0148391_16433011.jpg

先週の木曜日から2泊3日でサンシャインコーストへDarlとリフレッシュしに行ってきました。

実はブリスベンに越してきてからDarlと2人だけの泊まりはこれが初!
一度は泊まってみたかったB&B(ベッド&ブレックファスト)というタイプの宿に決めました。
一週間前から宿を決めるのに迷った迷った。そして寝不足が続いていました。

今回はブリスベンから北上、うちから更に1時間ほどかけて北へ進み、Malenyへ滞在。
Maleny,Montvilleはお洒落なお店やレストランが並んでいるのです。
隠れ家的なB&Bやファームスティもありますよ。

今回は楽しみにいていたのに、ちょうど木曜から週末にかけて雨&曇りだったのが残念。。

b0148391_16283095.jpg

天井がこんなに高い。

b0148391_16285318.jpg

山に囲まれていてとても静か。  暖炉があります(右角にチラリ)。 冬はこれまた良いなぁ。 

部屋の片隅にスパがあるなんて!

オーナーの愛犬、ベンジーが散歩の誘いにきて既に外でスタンバッています。(笑)
着いたばかりだからちょっと待っててね、と何度も言い聞かせる。
行く素振りもしていないのに自信たっぷりにこうして待たれると行かざるを得ない。。

More
[PR]

by pandysan | 2009-01-13 17:20 | サンシャインコースト
2009年 01月 05日
元の習慣に戻って
ホリデー中は涼しくなった午後から活動的になるものだから、夜に寝るのがもったいなくてずれてずれて明け方に寝る習慣がついていました。

今日から仕事始めだったので、一気に午後10時に寝る生活に戻す。

職場も半分しか戻ってきてないし「だるいねー」とダラダラ仕事で一日目終了。
まだまだ余裕です。何日この調子でいけるかねー

ランチを忘れてきたのをバス停に着いたところで思い出す。
売店は今週閉まっているし、近くにお店もないし。。持参したナッツ&ドライフルーツとコーヒーで一日しのごうと思っていたら同僚たちが果物を分けてくれたり多めにプレスで焼いた熱々のサンドイッチを分けてくれた。「See? Everyone look after you」と言われるも恵んでもらうのはちょっと恥ずかしい。今度からカップ麺とか常備しておこう。

今週は木~土とSunshine CoastあたりでB&Bに泊まろうと計画してるので楽しみ。今日中には宿を取りたいところ。


b0148391_15513992.jpgこないだ届いた果物達。桃やらピーチやらプラムやら。実家ではよくプラムを食べていたのでこのにおいを嗅ぐと懐かしくなる。桃はパサパサしていて断然日本の方がおいしい。でもこうして毎回ピチピチ新鮮な野菜達が届くのは嬉しい。


b0148391_1552244.jpg庭のラズベリーがこーんなに伸びて世話も放っといたものだからどうなるかと思ったけど、いつの間にか実がこんなに。たいした世話もしてないのにおいしい実を提供提供してくれてありがとう。真っ赤に熟れてはつまんでパクパク。ある程度集めてカスタードベリータルトなんか作ったらおいしそう。冷凍パイシートでも買って、、
[PR]

by pandysan | 2009-01-05 16:03 | ブリスベンでの日々
2009年 01月 04日
今日の美しい本
ほんとに早いもので、クリスマスホリデーも今日で終わり。
明日から仕事が始まります。
久々に8時間デスクワークはかなりきついとみた。

今日は庭の草むしりをしたり洗濯をしたり明日からの職場でのモーニングティ用にリンゴをジャム用に煮込んだり。

週に1度のペースで顔パックを続けたり、日記を毎日つけるようにしよう、とかこういうことって気持ちにゆとりがないと日課として続けられないのだなぁ、と思う。

明日から拘束時間がどっと増えるのだけど、自分の時間や日課として続けていきたいものには優先として時間を取りたい。仕事の疲れでどうでもよくなってだれてしまう自分がいるのだけど、今年から少しずつプライベートまで侵されないようにしたいものだ。

さて、今日は本を1冊読み終えた。

この本は妹からプレゼントしてもらった本で、時間を見つけては続きを読んでゆっくり進めていたのだけど、今日の日中に読み終わった。いい!とてもいい!

b0148391_17535045.jpg家守綺譚
梨木 香歩 (著)
★★★★★

amazon.co.jpのカスタマーレビューでも書かれているように今市子さんのコミック本、「百鬼夜行抄」(オススメ)に似た雰囲気を感じた。親友が亡くなった家に住み込みを始める彼は細々と文筆活動をしながら、和風の凝った庭で起こる不思議な体験をしていく。河童、人魚、狸が人を化かしたり、主人公がサルスベリに惚れられたり、とそれぞのれ短編が一連としてつながっているのだけど、どこかでこんな体験は普通の日常で起こってもおかしくない、と冷静に思ってしまうほど物語はしっくりしている。物語は終わるけれど、彼らの生活や身に起こる体験は延々と続いていくのだろうな、と本を閉じて思った。庭のそれぞれの植物や植わっている位置が本を読み進めていくことではっきりとその情景が浮かぶ。そうね、あの家なら小鬼がいてもおかしくないわね、と全体の内容がつかめたところで納得したり。とても美しい作品。
[PR]

by pandysan | 2009-01-04 18:22 | 本、映画
2009年 01月 03日
年明けから幸せを分けてもらう
元旦は36度で蒸し暑かったので午後からBribie Islandのビーチへ泳ぎに行った。

b0148391_1713548.jpg

雲を眺めていると必ず何かの形にみえてそれがとてもリアルにうつってくる。
何かを伝えようとしているメッセージのようにもみえてその雲から目が離せなくなる。
この日の雲はこの左の大きな塊に虜に。


b0148391_1743418.jpg

Yeah! ビーチに着いた! だけど曇ってきたんだよね、、、 sucks

b0148391_1752976.jpg

せっかく来たんだから泳ぎますよ、と一人でビーチへ向かう。 水はあたたかかったのに、Darlは「冷たい」と言って波打ち際で私がバシャバシャ浅瀬で浮いている(足が届かないところへはいけないのです。。)のをみてるだけ。 
せっかくだから来~い!と叫んでも突っ立ってるだけ。 つまらん。

それにしても腰あたりつかった状態でも、この少しにごった水の足元を凝視しするも、みえない状態はちょっと怖い。 
スルリと鮫が足元に寄ってきてもおかしくないから。 夏場、鮫の出現で襲われて死亡したニュースも出るし、いやはやこの海面下にうっすら鮫の影が見えようならパニックで泣き叫ぶに違いない、と水につかりながら考える。 
やはり泳ぎは苦手で海はあまり得意でない。


b0148391_1713218.jpg

「お腹減ったねー」ということでFish & Chipsをつまむ。 

「あ、元旦からFish & Chips!?」と苦笑。 ちっとも(日本の)正月らしくなーい、よね。

夜は友達が婚約者とブリスベンに来てるのでシティでご飯。
軍隊に入ったし、寡黙な彼&まだ23歳と油断してたら「婚約しました」のメールが届く。
Darlと二人でびっくりして「彼もいつの間にか大人になったんだねー」の繰り返し。
何でもエジプト人の彼女だそうでどんな人かと楽しみにしてたら、南アメリカチックなラテンの雰囲気でカラカラ明るい彼女は静かな彼と対照的でとてもいい夫婦になりそうです。
あぁ、微笑ましい。
大晦日にプロポーズしたんだって。小柄な彼女の指には真新しい婚約指輪がキラキラとレストランの照明に反射して綺麗だった。
おめでとう!
私達も年明けからめでたい気持ちで過ごせて嬉しいです。

[PR]

by pandysan | 2009-01-03 17:19 | ブリスベンでの日々
2009年 01月 01日
2009年になりました
b0148391_9553392.jpg


年も明け、あけましておめでとうございます。今日はいつにも増して湿度が多くだれています。

実家では初日の出を拝んだそうで、私達夫婦は近くの見晴らし台で蚊にさされながらもカウントダウンを待ち、花火を見てきました。

パトカーが4台も止まっていたので何事かと思いきや、どうやら彼らも花火を見たかったみたい。打ち上げ後けたたましいサイレンと共に猛スピードで下り道を飛ばしていきました。

キスをしあったり、ワインを開けたり線香花火をちらしたり。

今年はもっと自分らしい年にしたいなぁ、と思います。日本にいると当たり前だけど自然体でもっと力強い自分がいるのに、英語圏での暮らしのせいか、人柄の違いもあるけれどいまだに戸惑いながら強く出れない自分がいるのでこの殻をどうしても破りたいところです。

では良い2009年を!
[PR]

by pandysan | 2009-01-01 10:06 | ブリスベンでの日々