<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2009年 06月 28日
Culturally Competent Customer Service 1
先週、職場でCulturally Competent Customer Serviceというワークショップに参加した。

とても興味深いものだったのでテキストをもとにここに記していこうと思います。

英語を母国語としないもの、他の国で生まれオーストラリアへ移住した者として「そうそう、そうなんです」と共感することがたくさんあった。同時に逆の立場で英語を母国語とし、オーストラリアに住居を持つ人たちが違う文化を持つ人たちを理解しようと学ぶこのセッション/勉強会は興味深かった。

講師も言っていたように意識を持つ人がワークショップへ参加し更に意識を高めようとする傾向があるので、興味ない人は参加はしないだろう。

これだけ異文化が混ざり合っているオーストラリア、サービス業に就いている人は一度でもこういうセッションに参加するべきだと思った。

More
[PR]

by pandysan | 2009-06-28 19:18 | 英語/ビジネス
2009年 06月 27日
ふたりの死
「マイケルジャクソンとファラ・フォーセット(初代チャーリーズエンジェルより)とが死んだんだって」と後から出社してきた同僚が言った。

50歳でした。家に帰ってからはどのニュースも彼の話題ばかりでジャクソン5時代からの歌番組特集もあった。顔の整形を始めたのはとても若いときからのようで何に対しての執着で何を求めてどこへいきたかったのか、気になる。最後にはTV越しでもまっすぐ見つめられないほど、見つめると体がむずむず痛々しい気持ちでいっぱいになったものの、当の本人は毅然としていた、ようにみえる。

昨夜見た最近らしい独占インタビューで45歳の見ず知らずの男性が子供と同じベッドで寝ることに対して抵抗はないんですか?それを異常な行為と思わないんですか?との質問に「どうして?それはとても自然なことであって何もおかしいことではないでしょう。抵抗を感じるのはあなた方がセックスを連想しているからであって、僕にとって子供たちというのは神聖で神のような存在なんです」と穏やかに話していた彼は疑うことなく本当にピュアな様子に見えた。(一部誤った訳があるかもしれないのであしからず)亡くなる前に彼の自伝記を読んでみたかった。

b0148391_12205473.jpg報道後あちらこちらで路上パフォーマンスする者あり、キャンドルを灯しお互いに悲しみを分かち合うファンあり、踊る者あり、いろいろ批判されていたものの圧倒的に支持する人は多かったに違いない。彼の死に対しては悲しいという気持ちよりも多くのことから開放されて今の方が自由で幸せに違いない、と逆にホッとする気持ちが強い。どのミュージックビデオを見ても強いパッション、ダンスの完璧度に目が話せなくまた一人天才を失うのはとても悲しい。私の好きなのはBlack or Whiteというミュージックビデオ。Youtubeで見れるので是非見てください。-APPより写真借用-


b0148391_11563623.jpgファラ・フォーセット(写真右のブロンド美女)は60歳で亡くなった。マイケルジャクソンと同じ日に泣くなり、TVでは圧倒的に彼についての情報しかメインで流れないのは少し偏りすぎ?死亡原因追求、整形手術、負債、幼児に対しての異常な執拗さetcと話題に尽きなかっただけに皆が注目していたからかもしれない。

ファラフォーセットは闘病中の様子もドキュメンタリーで公開されてみたけれど、若い時代から知っている人たちにはもっと痛々しく胸が苦しんだに違いない。

日本では1977-1982年までチャーリーズエンジェルが放映されていたらしい。ビッグスマイル、ゴージャスなこのヘアスタイルも話題になったらしい。元々ドラマだったこを知ったのはほんとに最近で初代バージョンがあるのも知らず。ファラ・フォーセットがどれほど日本で知名度があったのか知らないけどものすごーいエレガントな美人さん!

機会があったら是非当時の番組を見てみたい。Youtubeで見れるかな。God bless you -Allpostersより写真拝借-


b0148391_121268.jpgだいぶ立った後に映画化されたチャーリーズエンジェルはドリュー・バリモア(プロデューサーもしていたらしい)、キャメロン・ディアス、ルーシー・リューキャメロンディアスが主演。アクションシーンがみていて気持ちいいほどスカーンとキマっている。

-Allpostersより写真拝借-

God bless you
[PR]

by pandysan | 2009-06-27 12:32 | つぶやき
2009年 06月 26日
砂漠からのお友達
毎回ブログの更新を楽しみにしているこちらはなももの別館のはなももさん。

UAE(アラブ)に旦那様とお住まいなのですが、お散歩コースは砂漠という普段のこちらの生活からは創造できないような環境で暮らされています。一度体験してみたい。。

先日クイズに当たった人全員にカレンダーがもらえる、という企画で見事当たったのですが、かなりの当選者にはなももさん、大丈夫かなぁ。

こうしてブログを訪れる傍観者、あるいはファン化しつつある立場から相手から連絡が来たり物が送られてくると一気に現実感が漂い、インターネットを通した繋がりというのはすごいもんだと感心した。

数ヶ月前から始めた実家とのウェブカメラもそうだけど、離れていながらお互いが見えて会話ができて。

Googlemapでも世界中行けちゃうしすごいもんだ。

来年ははなももさんカレンダーで一年過ごします♪
[PR]

by pandysan | 2009-06-26 18:34 | お気に入り
2009年 06月 20日
布ナプキンははまるのか

b0148391_17533498.jpg
布ナプキンが日本で広まりだしてどのくらいになるんだろう?

初めてその存在を知ったときは違和感があり、正直嫌悪感があった。

というのも、生理&ナプキンは毎月来るもので使い切って捨てるものである、という観念しかなくそれが当たり前だったから。
どんなにナプキンが改良されてもむれたり炎症が原因でイライラ不快感を
持ちながらもそれは我慢しないといけないものだと思っていたから。(sckoonより写真借用

一番最初に買ったのがおりもの用ライナー。
きっかけは憧れのMoisson Bleue(モワッソン ブルー)作り、それがあまりにも可憐で
可愛らしかったから。
お値段も手頃でいつかyuさんお手製のものを購入したいと願っていた私は「これだ」
とばかりに張り切って買ったのでした。

淡いブルー、ピンク、ペパーミントの3色の水玉があしらったライナーは一体型で
使いやすく肌触りがとてもいい♪

これなら、と思ってナプキンを布タイプに変えたのはそれから1年くらい経ってから。
やっぱり思い切りが必要で抵抗があったので。

More
[PR]

by pandysan | 2009-06-20 17:55 | 健康、美容
2009年 06月 17日
ちょっと早い父の日へ
阿左緒がおいしい、と他の方のブログで知って以来、父の日にはこれを送ってあげようと決めてたのだ。

給与日を待って今日発注しました。

b0148391_2021539.jpg
こんなの。(写真拝借)

宮城県で造られたお酒で女性蔵人によって出来上がったフルーティなやさしいお酒なんだそうです。

気に入ってもらえるかな。

こないだ救急車で運ばれたお父さん、びっくりした。

向こうからの連絡がないと何も状況がわからないもどかしさにイライラ。

元気になってね & いつもありがとう、の思いを込めて父の日のプレゼント。

インターネットショッピングって何て便利なんでしょう。

**Happy Father's Day **
[PR]

by pandysan | 2009-06-17 20:28 | お気に入り
2009年 06月 15日
ジュエリーへの憧れ
b0148391_17058.jpg3つのダイヤモンドが横にエレガントに並ぶこのエステールのトリロジー(TRILOGY)の指輪。それぞれの石には過去、現在、未来の想いが込められています。

指輪や宝石には執着がないのだけど、これは一目惚れ。。 十万円単位の買い物って航空券くらいしか買ったことがなく、大きな決断なのだけど、これは絶対買います!

Darlにも誕生日やクリスマスプレゼントをもらう代わりに寄付してもらって。 婚約指輪も結婚指輪ももらっていないから、この指輪をメインの指輪でつけたいなー。 来年、再来年あたりに買えたらいいなぁ。。 うっとりxxxxxx

オーストラリアでは14金がメジャーで18kやプラチナのアクセサリーはあまりみません。同僚は18金はやわらかくて傷つきやすいから嫌、と言う。仮の婚約指輪を買うときにゴールドにするかプラチナにするか散々悩んだ挙句、18Kに小さなダイヤがちょこんとついたものを買ってもらった。

普段の私のアクセサリーや洋服のテイスト、肌の色を考えるとやっぱりプラチナがきれいに映えるし、上品なプラチナはつけていると気持ちがしゃんとする。

そしてダイヤモンドはやっぱり特別★
[PR]

by pandysan | 2009-06-15 17:07 | お気に入り
2009年 06月 12日
The Ramen Girl
b0148391_10593760.jpgThe Ramen Girl ラーメンガール
★★★.5


久々にDVDを観ようと思ってレンタル屋に立ち寄って見つけたこの作品。
主演のBrittany Murphyは好きじゃないけれど西田敏行、山崎努、余貴美子etcの日本でもメジャーなキャストに興味心芽生え借りてみる。

主演の女優にスポットがあたり、恋人の転勤についてきて日本での海外生活を始め、ボーイフレンドが忙しくなりだんだん孤独を感じてくる、、の始まりにロストイントランスレーションの映画に似てるかも、と思った私。

この映画はコミカルで西田敏行のぶっきらぼう調が時にとても乱暴なんだけど、しっくり役にはまってる。
物語の深さ自体は物足りないけど何だかむかーしのお笑い番組を見てるようで楽しみました。
Darlと日本を懐かしんで楽しんだ作品。日本でも5月の終わりからレンタル開始のようですよ~。
[PR]

by pandysan | 2009-06-12 10:58 | 本、映画
2009年 06月 10日
Southbank ワインのイベント
今日はいつにも増して寒かったものの、日本のツンと鼻の頭が冷たくなる程の寒さに比べたら生ぬるい風が吹いていた。

周りでは「寒い寒い」という声が聞こえ「日本の冬に比べたらあったかいのよ」と言うと驚かれた。

そして日本の冬が嫌いな私だけどあの冷たい寒さがちょっと懐かしくなった。

日本での生活に比べたらびっくりするかもしれないけど普段は朝起きたらシャワーのみで
夜シャワーを浴びなくなった。
これは単に夜は疲れてしまってそのままズルズル2階に這い上がりベッドインするから、という理由と
寝癖がついてしまうので朝頭を洗いたいから、という理由がある。

バスタブに浸かるのは半年に二度くらい?かな。理由は水不足でたくさんのお湯を一度のために使いたくない、という理由と浴槽が浅く長いのでたくさん溜めても浴槽を半分満たすくらいでそれ以上水を使うのはやっぱり罪悪感があるから。そういう時は寝そべって表と裏とお湯につかって肩やお尻を温めるのです。お風呂洗い担当のDarlがマメに洗わないからお風呂に浸かるのは何となくきれいじゃない気もする。

ホテルに泊まるとここぞとばかりにお風呂に浸かって歌を歌って満足。最後はのぼせてベッドで具合悪くなるのがおちだけど。

ダラダラ前置きが長くなったけれど、サウスバンクでワインやお料理のテイスティングイベントがあるのでそれの案内をしたかったのでした。

いつかフード系のイベントに参加したいと思いつついつも逃していたので今回は行ってみたい。
入場は無料だし。
お酒は苦手なのでグラス半分片手にお料理をつまみ歩けるのかなぁ~♪

詳細はこちらからどうぞ。

サウスバンク Little Stanley St
6月13日(土)10am - 3pm
[PR]

by pandysan | 2009-06-10 19:26 | イベントのお知らせ
2009年 06月 08日
体の中からのクレンジング
b0148391_1535164.jpgOvereater

文字通り「食べ過ぎの傾向のある人」を指す。これは私のことだ、とドキリ。

OA(Overeaters anonymous)という団体があり、もとはアメリカから始まり現在は64カ国、7000のグループが存在し、食べ物や食べ方の悩みをもつ人(過食・過食嘔吐・拒食etc)を対象に助け合う活動をしているようです。

なぜこの話題を持ち出したかというと、今日は祝日で大好きなellenのショーを見ていたら彼女の友人であるKathy Freston(写真左)が出ていて新書の紹介とヘルシーな食事方法などが紹介されていて、Kathyはどんな人なんだろう、とネットで検索をしていたところ、Oprah(写真右)にも登場していてOprahの食事のアドヴァイザーもしてい手その時の記事を読んでいたらOvereaterのことが書かれていたのでした。

Operahが実践した21日間の腸内クレンジングの様子はこちらのOprahのブログからどうぞ。

腸クレンジングに効果的なレシピはこちらからどうぞ。

【Oprahより写真を拝借】

More
[PR]

by pandysan | 2009-06-08 16:20 | 健康、美容
2009年 06月 07日
Let's get together
b0148391_22174746.jpgDarlの友人の結婚式に招待されてゴールドコーストまで行ってきた。奥さんがエジプト人でどんな衣装を着るかと思っていたらレースがたくさんついたウェディングドレスだった。詳しくは聞かなかったけれど彼女の身内の参加がなくて彼女側からはブライズメイドが3人。きっとご両親来たかっただろうに。
写真のケーキはこちらで多いタイプのアイシングでデコレーションされたもの。花がついているものとか黒いリボンのアイシングがされているタイプとか日本のウェディングケーキとは違うのです。私はフレッシュクリームがたくさん入った日本式のケーキが好き。


b0148391_22183895.jpgところでこの日は朝から雨。式は2時から。段取りの悪い私はモタモタしていたら既に12時。寝起きのまんま。。。結局パジャマ同様の格好でメイクなしで車に乗り込み滞在先のホテルへ向かう。途中、招待状をよくよく見たら2時半開始だったのは嬉しい知らせ。チェックイン前に部屋に入ることが出来たのでそのままのんびりお風呂に浸かってドレスに着替える。毎回毎回ギリギリの支度はほんとにいけないよね。

文句タラタラのDarlは人のこと言えず、買ったばかりのパンツは丈が長すぎた。。買ったときからすそ上げをするように何度も言ってたのに、と今度は私が文句を言う番。結局受付で安全ピンとホッチキスを借りて仮の仮止め。。

メインの式は身内、親しい友人のみの合計30人前後の小さい式でのびのびしていて楽しかった。レセプションではDJ呼んで6時から開始。入り口付近のテーブルに持ってきたプレゼントを置き、ドリンク片手にしばらくおしゃべり。バッフェ形式の料理を食べたり踊ったりスピーチやケーキカットがあったり、思い思いに楽しんでる様子。日本みたいに余興があったり進行役がいたり仲人の挨拶とかそういったものがなく、とても自然体で私は好き。

More
[PR]

by pandysan | 2009-06-07 22:15 | ブリスベンでの日々