タグ:食 ( 5 ) タグの人気記事

2010年 07月 22日
読書クラブ入部
b0148391_16145795.jpg



こないだ、前から予定していたBookclubへ参加してきました。

More
[PR]

by pandysan | 2010-07-22 16:13 | 本、映画
2010年 04月 05日
イースター中のドライブ
イースター、といってもそれらしいことをしたことのない私たち夫婦。

今回初めて祝日は休みだったDarlとグラスハウスマウンテンの展望台へのぼり、
既にブリスベン方面へ向かう車で混んで来た高速を無視し、サンシャインコースト方面へ向かい、
Caloundra ↓へ行ってきました。

b0148391_14363168.jpg


More
[PR]

by pandysan | 2010-04-05 14:25 | サンシャインコースト
2009年 08月 13日
また失敗のキッシュです。。
b0148391_15474152.jpg



フワフワのキッシュに憧れてレシピ検索No.1と言われるCookpadより人気レシピを参考に作る。

アレンジでトマトを上に載せ、モッツレラチーズの代わりにとろけるチーズを混ぜる。

ベーコンがなかったので、ほうれん草と玉ねぎ&かぼちゃだけのシンプルキッシュ。

More
[PR]

by pandysan | 2009-08-13 15:57 | 食、お弁当
2008年 11月 15日
芋の存在
米から芋に移行した食生活

日本人として、いつもおいしいお米をおいしく炊けた状態で食べていた。
白いご飯がとてもおいしいものだから、実家では毎晩2杯はご飯を食べていた。

留学時代はレンジで炊けるプラスチックコンテナで炊いたり、鍋で炊いたりお米から離れた生活もそんな苦ではなかった気がする。

ブリスベンに来た当初、とりあえずいつか良いものを買うためにまずは手頃な$60くらいの炊飯器を買った。オントオフのカチッと押すボタンは1つしかない。炊き上がったら節電に炊飯器の電気を切り、蒸すために15分置いておく。

4年も使っているけれど壊れることなく炊き続けてくれるこの炊飯器に今は愛着さえ感じる。

今度うちの炊飯器の写真を載せることにして、きっと日本のみんなは驚くに違いない。ほんとにボタンが1つしかないんだから。

日本にいた時は肉には必ずご飯、だった。レストランでも。
時に気分でパンを注文することもあった。

むかーし、アメリカ人の友人数人でレストランに行ったら彼らはステーキ単品とフライドポテトを頼んだ。その時はフライドポテトの存在はスナック的なものであり、ハンバーガーと一緒のときだけ頼むものだったから、「何で肉にポテトなんだろう?」と不思議でしょうがなかった。

それが今。
オーストラリア、肉の付け合せにはポテトです。(もしくはサラダ)ポテトにもいろいろあって、マッシュポテト、チップス(フライドポテト)、ベイクドポテト with サワークリーム、ローストポテトあたりかな。
今ではうちもメインの付け合せにマッシュポテトかローストポテトになりました。昔は絶対白いご飯がお肉には恋しくなったのに。

逆に和食の時はやっぱり白米です。キムチとか納豆とか、ね。

でもね、日本に戻ったらやっぱり白米の魅力には勝てないと思う。

最近の発見は、ポークにはアップルソースが美味いということ。同僚の真似で赤ちゃん用のリンゴのペーストの瓶を使いました。
塩コショウしたポークを両面しっかり焦げ目がつくまで焼いたて、ニンニクのスライスを加え、赤ワインとマッシュルームを少々入れて少し蒸し状態にするとおいしい。ちょっとしたソースにもなります。肉の上にアップルソースをたっぷりつけて食べるとこれまた美味い。
[PR]

by pandysan | 2008-11-15 18:03 | つぶやき
2008年 08月 01日
お弁当メモ、始めます
b0148391_191149.jpg


5月あたりにDarlが「冬だし暖かいお弁当が食べたい」ということで日本のオンラインサイトで買った保温お弁当箱

実は実際届いて開けたら思いのほか小さめ&保温があまり保てずDarlがガッカリしていました。 おかず容器2つ、ご飯がセットになっているのですが、てっきりおかずも温められるのかと思ったらご飯のみ。 誤解して味噌汁容器もついてるかと思っていたらそれもなし。 おかず容器は小さい四角形なので、入れにくい。

迷った挙句、このお弁当箱は私が使うことにして、Darl用にあらたに購入し6月末に母が来たときに持ってきてもらいました。

以下、感想です。




商品名: サーモス ステンレスランチジャー
評 価: ★★★★★ 素晴らしい! オススメ!
容 量: お茶碗4杯分のご飯保温容器(0.80L)、味噌汁容器(0.40L)、おかず容器/丸型(0.46L)、お箸
感 想: 使用者のDarl曰く、平ためのボウルで事前にご飯を温め容器に入れると数時間経ってもご飯はアツアツ、味噌汁もホットのままで嬉しいらしい。ご飯の量が男の人にはちょうど良く、お味噌汁の量も具沢山でも八分目におさまる。おかずも見た目よりもかなり入るので他に何を入れようか困るほど。

ご飯にはリクエスト通り、ふりかけやゆかりをかけてあげる。 以前は味噌汁は2ヶ月に1度飲むくらいだったけど、お弁当を作り出してDarl分だけでも夜に作らないといけないので、面倒だけど毎晩作っています。 味噌汁は体にも良いので味付けを変えたり、味噌を変えたり工夫をしようか、と気持ちは前向きに。 良い傾向だ。

今までの彼のお昼は、ピーナツバターやベジマイトサンドイッチを大量に作って冷凍していただけだったので、日本のお弁当みたいに細々としたおかずが作れるのか自信がなかったけど案外できちゃうものなのね、と。 一応栄養のバランスを考えたり、オーストラリアの食材で何が作れるか、など食に対して前より考えるようになった、と思う。




そこで、報告&自分のメモ用にブログのカテゴリーに「お弁当」の項目を設けることにしました。

:: 今回のお弁当について ::


冷凍のちくわは食感がまずい。
冷凍のレンコンはモサモサした食感でこれまたマズイ。シャキシャキ感がおいしいのに。
彼はキャベツの味噌汁は好きじゃないらしい。

:: メニュー ::


ちくわ、レンコン、人参のきんぴら炒め
キャベツと肉の味噌炒め(だったかな?)

あとがき: 「よし、よく出来た」と思っても「おいしかった?」って聞かないと答えてくれないのはがっかりくるなぁ。
[PR]

by pandysan | 2008-08-01 19:43 | 食、お弁当